中古車ローン

中古車購入ローンを組む

中古車を購入するときにローンを組む人は多いようです。中古車専門雑誌で調べていちばん安い店で中古車を購入しても、ローンの金利が非常に高くて総支払額は他店のほうが安かったという場合があります。ローンを組むと、支払いを何回かに分けることができる代わりに、金利に基づく手数料を本来の支払い額に上乗せして払わなければいけません。金利条件は、金融会社によって異なります。中古車販売店でローンを組むと、金利は5.8%〜8.9%程度になることが多いといいます。顧客によって金利が変わるところもありますので、貸付条件は事前にしっかり見ておく必要があります。ローンで中古車を買う場合、月々の支払いに目がいってしまいがちで、分割手数料込みでいくらになるかまで考えが及ばないことも多いようです。欲しい中古車が目の前にあって、月々の支払額がこれくらいなら買えるとすぐ判断してしまうのは、あまりおすすめできません。落ち着いてもう一度、支払い手数料も含めた総支払額を確かめることが大切です。中古車販売会社で見積もりを頼んだ時に、総額が明記されていない場合は気をつけましょう。金利が2%程度と、余りに低すぎるローンも裏がある可能性があります。採算がとれない金利を金融会社が設定するはずがありません。優良企業に銀行が融資をする場合と同じ金利で、中古車ローンの融資ができるということはありえません。では、何で補っているかといえば、車両価格や、その他の手数料などでしょう。中古車購入の際にローンを組む場合には、さまざまなことに注意する必要があるといえるでしょう。

 

車出張査定の前に、「買取り」のほが高く売れる理由

中古車ローン記事一覧

中古車を購入する場合、一括払いができない時にはローンを組むことになります。中古車を買うとき組むことができるローンには、今さまざまな種類のものがあるといいます。銀行のマイカーローンは、審査のハードルが高いことで知られています。給与の振り込み口座を持っており、勤続年数が5年以上の人であれば、銀行のローンでも通ると考えていいでしょう。銀行系のローンは低金利で、まとまった金額を融資してもらえるので、条件さ...
中古車購入のためにローンを組む場合、どんなローンを利用するにしても必ず審査があります。銀行系、信販系、ディーラー系といくつかローンの種類はあります。一度審査に落ちた人は、同じ条件で審査を受けても、やっぱり落ちてしまうことが考えられます。審査に通らず、ローンを断られては中古車を買えなくなります。ローンに落ちる時は、落ちるなりの理由があるものですが、どういったものが考えられでしょう。ひとつは勤続年数が...