中古車ローンの審査に落ちる

中古車ローンの審査

中古車購入のためにローンを組む場合、どんなローンを利用するにしても必ず審査があります。銀行系、信販系、ディーラー系といくつかローンの種類はあります。一度審査に落ちた人は、同じ条件で審査を受けても、やっぱり落ちてしまうことが考えられます。審査に通らず、ローンを断られては中古車を買えなくなります。ローンに落ちる時は、落ちるなりの理由があるものですが、どういったものが考えられでしょう。ひとつは勤続年数が極端に短いことが原因になっているケースがります。勤続年数が短いと、すぐに退職してしまうのではないかと予想されてしまうのです。過去にクレジットカードやキャッシングの返済で遅延事故を起こした場合、中古車ローン審査では個人信用情報がチェックされるのでローンの審査に落ちてしまうことがあります。現時点で借入総額が年収3分の1以上の場合、審査に通る可能性が低くなります。借入総額を判断する時は、今現在ローンやキャッシングで借りている金額だけでなく、クレジットカードのキャッシング上限枠も含まれることがあります。中古車ローンを利用したくても、年収が150万円以下の人は断られてしまうことがあります。タクシーやトラック運転手をしていると、金融会社によっては審査に通りにくいことがあります。これらの職種は、長く続かない人が多いことから、収入が安定していると見なされにくいためです。中古車購入の際にローンを組む場合には、なるべく審査に通るように前もって条件を整えておきましょう。

 

車出張査定の前に、車を売るなら「下取り」より「買取り」